06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

奈良の桜三昧 

また、長い間さぼっていました。
今日は、いつも車で回っている奈良市の桜三昧ツーリングに行ってきました。

堺ICから阪和道、西名阪で香芝へ 香芝から王寺町を通って竜田川へ
いつも通っている慣れた道でもバイクで走ると少し景色が違います。

竜田川百人一首にも読まれている竜田川です。
川沿いのためか八分咲き、でもきれいです。

法隆寺、中宮寺の横を通り抜け法輪寺へここは、いつもの通り道から外れているため初めて訪れました。
P3300008.jpg斑鳩3塔の一つ 桜が似合っています。

次に訪れたのは、法起寺現存最古と言われている3重の塔です。P3300009.jpg

法起寺から郡山城へ 
桜でも有名で、今日は「お城まつり」が開かれ大賑わい。P3300010.jpg
郡山城の桜ではこの石垣の上にある枝垂桜が一番好きです。

P3300012.jpg郡山から西の京へ 秋篠川沿いの桜がとても綺麗でした。
遠くに現在東塔が改修中の薬師寺が見えます。P3300014.jpg川沿いのおしゃれなカフェでしばし休憩の後、市内方面へ北上

P3300016.jpg
喜光寺へ大仏殿のモデルになったといわれているお寺です。P3300019.jpgいい感じです。

P3300021.jpg奈良市内の真ん中を突っ切っている佐保川沿いの桜並木
まだ八分咲き程度ですが、圧巻です。

奈良公園を突き抜け、氷室神社へ奈良で一番早く咲くといわれている枝垂桜、今日は満開でした。
木蓮もまだ残っていて一緒に撮ることができました。
P3300023.jpg
こちらは隣の小さい枝垂桜 花が詰まっていてこれも美しい!
P3300024.jpg
今日が、満開、最高!
P3300025.jpg凄い!!

氷室神社から奈良公園を南下 浮見堂の辺りも風情があって素敵なところです。P3300026.jpgP3300027.jpg
P3300028.jpg水辺の周りの桜は全般に八分程度、満開は来週かな?

168号線を南下天理を通過し桜井市へ
ここでは、前から来てみたかった纏向遺跡へ車では入って行く勇気がなく(奈良の道は細いので)
初めてやってきました。P3300030.jpgが・・・
P3300032.jpgすっかり埋め戻され現在は、ただの空き地でした。

気を取り直して、ここも来てみたかった箸墓古墳、卑弥呼の墓と言われている所です。
ここも、しょっちゅうすぐ横を通っているのですが、いつも通過していて今回が初めてでした。P3300033.jpg先日、学術研究のため立ち入り調査が行われた古墳です。ぐるっと1周すると裏側は、堀もなく入ろうと思えば入り放題、もっと早くに許可すればいいのに。

168号線をさらに南下し大神神社を通り過ぎ中和幹線へ本日最後のスポット大和三山の一つ耳成山
P3300036.jpg
P3300038.jpgふもとにある耳成山公園の桜です。雪柳と競うように咲き乱れています。
昼前に自宅を出て、日頃仕事で走りなれている道をぐるっと走ってみました。
バイクだと好きなところに立ち止まることができ、今シーズンの桜も満喫できました。
やっぱりバイクって楽しいですね!




スポンサーサイト

category: ツーリング

thread: ツーリング

janre: 車・バイク

Posted on 2013/03/30 Sat. 19:01  edit  |  tb: 0   cm: 6  

和歌山ツーリングのはずが... 


久しぶりに、真ちゃんからお誘いを受けて本日は北陸に行く予定でしたが、
北の方は雨模様なので紀ノ川SAで待ち合わせとなりました。
15分ほど前に到着したところ本日のメンバーは既に到着済み。
今回のメンバーは、真ちゃん、ぴー+さん、おたべやさん、再会の挨拶を行いしばし雑談。



本日は奇絶峡方面へそろそろ出発、それぞれがバイクの元へ


さぁエンジンをかけようと思ってイグニッションを回したところ
ニュートラルランプもつかず、うんともすんとも

ここは落ち着いて…とバイク置き場に移動し、
バイク屋さんに電話をかけ、
考えられる原因を聞いてみる
電気系統に問題がないか自分で調べられるところ、
ヒューズを1本ずつ抜いてチェックしてみるが全て異常なし、


バイクに乗っている限り
まぁこういうこともあるさ
気を取り直し
ロードサービスに電話

30分ほど待ってロードサービスが迎えにきてくれた。
非常に感じのいい運転手さんで
ご自身でもバイク屋さんと
ロードサービスの両方をされているらしい
バイクの中継点までトラックに同乗させて頂き
そこから運転手さんのご好意で和歌山駅まで送っていただく
なんとその車が ランチアの クアトロポルテ ちょっと得した気分。


和歌山駅に着いたところでとりあえず一服
ドトールコーヒーでフォカッチャとコーヒーをいただく



日ごろ車通勤のため電車に乗ることがあまりない私は、
和歌山駅から鳳までの快速電車で
流れて行く秋の景色を眺めながらちょっと旅行気分。

その後バイクは、無事いつもお願いしているバイク屋さんに届けられました。

バイクに乗っているとこんなこともあるんでしょう。

修理代があまり高くならないことを願いつつ
結果、それ程遠くない時点で故障が発覚し
車検時点検を行っていないため
オイル交換、定期点検も兼ねてちょうど良いタイミング
と考えることにしました(笑)
何だかんだで、結構楽しめたのかも…(^-^)/

category: ツーリング

Posted on 2012/11/18 Sun. 15:36  edit  |  tb: 0   cm: 6  

和佐又1人キャンプ 

初めて一人でキャンプいってきました

独身の時、今から30年前友人に誘われ始めたキャンプ
子供が小さな時からファミリーキャンプにはまり
一年に何回も家族で愛知、岐阜、長野といたるところの
キャンプ場を巡り、装備も充実していきました

子供が大きくなり暫くキャンプとも遠ざかっていました

バイクに乗るようになってマスターに誘われ、マミー型の寝袋、一人用テント、ストーブを揃え
キャンプツーリングに行くようになりました

通常バイクでのキャンプの場合
あくまで距離を稼ぐ為の手段らしいのですが
元々オートキャンプを行っていて
一緒にキャンプするのがマスターであったため
料理はいつも豪華
簡素な装備でキャンプも楽しみたい
という欲張った考えで
ソロで且つキャンプを楽しむツーリングを実行

どうせ行くなら関西で最も評価の高い
前回、イベントの騒音で楽しめなかった
和佐又キャンプ場に行くことに

時期としても、標高1000mを超えるキャンプ場のため
10月中に実行しようと企んで準備しました

この土日は絶好の天候だと天気予報を何度もチェックし
週末のお誘いを断りし(嬉しいことにツーリング、飲み会
イベントと3人もの方からおさそいいただけました、ありがとうございます)
奥さんからは「さみしいで〜」と言われながら
さみしがりやの私は、意を決していってきました

自宅から100kmと近いため午前10時前に自宅を出発
今回は下道オンリーで金剛山を越え
大淀のオークワでお買い物
食料品を買い揃え一路和佐又へ
重い荷物を後ろに積んで
難関のキャンプ場への導入路を何とかクリアー
昼過ぎにキャンプ場へ到着

入場料を支払い今回は上のサイトへ
景色の良さそうなサイトは既に埋まっていて
何とかロケーションの良いサイトの
端の方の場所を確保

下のサイトととの間にススキが密集
向かいには大台ケ原が一望できます



一人用テントとミニタープを設営

今回は焚き火台が小さいため
鉈を持参、マキを小さくするのに大活躍

今回ソロだったため荷物が増え
キャリアも大型化
このキャリアは、テーブル兼五徳にもなります

空気が澄んでいてお天気も良く
暑くも寒くもなく心地よい景色



設営も一段落 ホッと一息コーヒータイム

少し日が傾いてきたため
マキに火をつけ
日があるうちに夕食の開始
今夜の夕食はオークワで購入したチャンポン
洗い場が遠かったので
アルミ鍋にしておいて大正解

この柚子胡椒でチャンポンの味に深みが出て
なぜか発泡酒との相性も抜群
〆は自宅から持ってきた冷凍ご飯を入れ
卵を落とし、雑炊で日がくれた頃にはお腹もいっぱい

6時過ぎにはとっぷり日もくれ
持参した山崎の180mmボトルをチビチビ
焚き火の世話をしながら夜が深けていきました

お酒のアテは先日頂いたチョコレート
結局12時頃まで焚き火とお酒を一人堪能
ゆったりとした良い時間を過ごしました
夜更けには曇ってきたため明かりを落とすと
辺りは真っ暗
都会ではこんな暗闇もあまり経験しません
霧も出て冷えてきたので
寝袋に潜り込みました

隣の登山組の話し声に目が覚めたのが5時過ぎ
うっすらと大台ケ原が朝日に浮かび上がっています
空は晴れ渡り星が広がり
幻想的な景色が広がっていました
お隣さんに感謝!

日之出ケ岳だと思う 所の少し横から御来光

目が覚めたので朝日を浴びながらの朝食
昨日のアルミ鍋(一応洗ってある)で
ベーコンエッグを作りロールパンを温め
紅茶で朝食

朝日に煌めくススキ

紅葉しかけている栃の葉を朝日が浮かび上がらせます

カッコいい!

お天気最高の澄んだ青空

あまり寝ていないのも気にならず
ゆっくり後片付けし
10時前には帰宅の途につきました

初めての1人キャンプ少し不安もあったのですが
本当に素敵な景色に圧倒され
気持ちのいい時間を過ごすことができました。



category: ツーリング

Posted on 2012/10/21 Sun. 18:41  edit  |  tb: 0   cm: 4  

東京と大阪の真ん中でキャンプ 

キャンプツーに行ってきました
今回は、マスターに誘っていただき
東京在住のご夫婦とのキャンプ
場所は浜名湖のほとりにある渚園
ここは、只々だだっ広~い芝生の広場
都会のキャンプ場です。

マスターと9時に香芝SAで待ち合わせ
西名阪道を天理まで
そこからは、名阪国道をひたすら真っ直ぐ
東名阪道、伊勢湾岸道、東名と乗り継ぎ
300km弱を走破
2時前に現地に到着、取り敢えずテントを設営



マスターとキャンプ場近くのイオンへ
買い出しと簡単な昼食を済ませ
マスターがせっせと下拵えをしているなか
暇な私は、ぶらぶら


こんな写真を撮って遊んでいました
しばらくして東京からご夫婦が車で到着
いつもはRSで行動されているようです

ご夫婦とは、実はずっと以前マクフリ神戸の
第一回白浜ツーリングでご一緒しそれから何度か
お会いしていたのに今まで余りお話する機会もありませんでした。

お二人の設営が終了し宴の時間


今回はイタリアンのコース料理
キャンプにきて美味しいイタリアンをいただき
ワインで乾杯なんて…
家族でキャンプをしていた頃は、基本は鍋でした。


夕暮れから4人でたわいもない会話を
お酒を飲みながら時間を気にすることなく
お二人は、とても気持ちのいい爽やかなご夫婦で
楽しい時間はあっという間に流れて行きます。


すっかり日もくれ小さな火を囲んで宴は深夜まで
今回は隣にうるさい若者が居たため怒られることもありませんでした。


翌日は、飛行機オタクのマスターとご主人のリクエストで
浜松エアーパークへ胴体保存された貴重な飛行機を見学
私はよくわかっていませんでしたが(^^)

見学終了しお二人とはお別れし、一路大阪へ3時半には帰宅しました。
今回もキャンプツーとは思えないご馳走と
楽しい時間を過ごすことができました。

ご一緒していただいたIさんご夫妻、いつもお世話になっているマスター
ありがとうございました。

category: ツーリング

Posted on 2012/10/09 Tue. 23:01  edit  |  tb: 0   cm: 10  

和佐又山キャンプツー 

行ってきました。
以前から行ってみたいと思っていた
和佐又山キャンプ場へ
関西では、大変評価の高いキャンプ場です。
こちらのキャンプ場は
大峯山系へのベースキャンプとして
使われる人が多いようです

今回バイク組と登山組
現地集合です。
バイク組の私は
ブリュケマスターと大淀のオークワで待ち合わせ。
お互いに慣れた土地なので
ローカルな待ち合わせです。
私は、自宅から309で金剛を越え
約一時間で到着
そこには、旧車会?の大集合
恐らく下市辺りでBBQミーティングかな?
警察まで出動していました。

マスターとは無事に遭遇でき
和佐又山へ向います。
吉野川沿いを大台方面へ走ります
この日は、吉野川が大変ドロ臭く
後で分かったのは
上流の大滝ダムが放流したとの事
このダム本当に問題だらけですね。

実は、以前ソロで大台の帰りに
和佐又山キャンプ場を見学に行った時
導入路で転倒した事がトラウマで
このキャンプ場に来ていなかったんです。
今回は、無事に到着しチェックイン
とりあえずテントを設営

ただ、一つ残念だったのが
予約不可のはずのこのキャンプ場
オートサイトが音楽イベントで
貸切、仕方なく下のサイトに設営

設営後、昼食を兼ねて近くの温泉へ

ここで、昼食をとり貸切状態の温泉を堪能し
キャンプ場に帰ると
登山組の二人が

今日は、朝から近くの沢を登っていて
早く着いたので、キャンプ場の木で
ロープワークの練習をしていたそうです。

日も暮れてきたので、夕食の用意です。
今回も完全にマスターだより
あらかじめ作ってきて頂いたビーフシチューと
フランスパンとワイン
パンはオリーブオイルとニンニクで
焦げ目を付けて

折りたたみお玉がスプーンの代わりです。
毎度、美味しい料理をありがとうございます。
その後、山岳部のかまやんが特性野菜炒めを作ってくれ、
充実した夕食を頂きました。

焚き火を囲んで遅くまでうだうだ

今回のキャンプで1番の心残りが
貸し切り音楽イベント

今年中には、リベンジしたいです。

夜明け前に少し雨が降り朝食を頂き
ゆっくり撤収

早起きの山岳部は、既に帰っていきました。
午前中に下山し、いつもの立ち寄り温泉へ

ゆっくり温泉と、昼食を済ませ
昼過ぎに帰宅。
自宅から100kmで大自然に抱かれ
リフレッシュできました。
マスターいつもありがとうございます。
次回は、僕も何か作りましょう。

category: ツーリング

Posted on 2012/07/16 Mon. 20:20  edit  |  tb: 0   cm: 6  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。